韓国マル特情報隊
韓国の芸能や、マル秘お得情報など満載のページです。 韓流な話題。韓国企業に転職の情報も。韓国企業へ転職
プロフィール

mabo25

Author:mabo25
FC2ブログへようこそ!



美容と健康の記事の感想



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソン・スンホン クォン・サンウ主演映画『宿命』 済州で撮影

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000027-wow-ent

クォンサンウとソンスンホン共演の

映画「宿命」の撮影が着々と

行われているようですね。

よかったよかった。

いったいどんな映画になるか今から

非常に楽しみですね。

間違いなく、日本にもファンが多いので

公開されるとは思いますが。

とりあえずまちましょう!

 


済州発“韓流熱風”引き継いでいく見込み

韓流トップスターソン・スンホン、クォン・サンウ主演の『宿命(仮題)』が、済州(チェジュ)で撮影され、『太王四神記』のペ・ヨンジュンが巻き起こした済州発韓流熱風の火力をより一層高める見込みだ。韓流“ビッグ3”が、済州に集結することになる。キム・ジェユン国会議員とキム・ヘゴン監督、制作会社<MKDK>キム・デヒ理事は3日午前、済州島庁で記者会見を開き「暗黒街から抜け出そうと奮闘するが、結局罠にかかり奈落に落とされる3人の青年の悲劇的な宿命を描いたストーリで、ハードボイルドスタイルの正統ノワール」と作品を紹介した。

映画制作費は総40億ウォンで、今月末にクランクインし12月に公開される。済州では120人程の俳優やスタッフ陣が、6月から1か月間済州市・七星路(チルソンノ)を中心に島一帯で撮影する予定で、撮影量は全体比重の45%に達する。ソウルで30%程度を撮影し、残りは全国の都市で行う予定だ。

キム・ジェユン議員は「当初釜山(プサン)で映画が撮影される計画だったが、済州特別自治島が2500万ウォンや撮影地費用補助などの支援を約束したことにより、2週間前に済州撮影に変更した」と言及、「ソン・スンホンとクォン・サンウの済州撮影による波及効果で、日本の観光客が2万人くらい訪れるものと予想している中、地域経済活性化と韓流メッカ飛躍のきっかけになるはず」と期待感を示した。




(引用:Yahoo!ニュース)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。